パッケージ・商品 | 活用方法 | AR(拡張現実)コンテンツが誰でも簡単に作り放題!「COCOAR (ココアル)」

活用方法 Activation method

パッケージ・商品×AR

COCOARは商品のパッケージでも活用されています。
COCOARを活用することで、商品のPRができるだけではなく、パッケージの限られた紙面上では伝えきることができない
生産者の情報や商品の使い方・作り方もアナウンスすることができます。
また、キャンペーン企画を盛り上げる1つのコンテンツとしてもARを活用することが可能です。

【PR】商品のPR、プロモーションにARを活用

商品パッケージにARを設定し、商品のPRをしたり商品を楽しんでもらえるような仕掛けをつくることで、ファンの育成、販売促進につなげることが可能です。

例えば、商品のPR動画はもちろん、CMのロングバージョンの動画やプレミアム動画、キャンペーン動画を設定すれば、さらにユーザーのロイヤリティを高めることができます。
また、パッケージをかざしたらフォトフレームが出てくるようにARを設置し、ユーザーが写真を撮れるようにすることで、SNSでの拡散を仕掛けることができます。

  • 商品PR
  • 商品をより良くしってもらうための
    広告・宣伝ツールとして
商品PR
  • 販売促進
  • 商品のキャンペーン、販売促進に
販売促進
実際の活用事例
case01

エッセンシャル SMART STYLE

花王株式会社様

エッセンシャル SMART STYLE

花王が販売しているシャンプーとコンディショナー「エッセンシャル SMART STYLE」のプロモーションにCOCOARが採用。
ターゲット世代が肌身離さず持ち、情報受発信を行っているスマートフォンを活用したARアプリを用いることで、顧客が望む新たなブランド体験が実現できるということから採用に至った。
商品パッケージのロゴ部分をCOCOAR2アプリでかざすと、本商品のCMに出演している、成田凌さんと清野菜名さんの限定フォトフレーム(全7種類)が表示され、一緒に写真が撮れる企画。表示されるフォトフレームは毎日替わるため何度も楽しめる他、10月29日~31日の期間はハロウィン限定フォトフレームに切り替わる仕組みに。2018年1月31日(水)までCOCOARで閲覧できる。

case02

「麦とホップ」「サッポロ生ビール黒ラベル」

サッポロビール様

エッセンシャル SMART STYLE

サッポロビールの「麦とホップ」「サッポロ生ビール黒ラベル」を、「寝台特急さくら号」や「寝台特急はやぶさ号」など懐かしい車両を描いた特別なデザイン缶「九州歴代特急コレクション缶」として2018年4月から発売。そのデザイン缶にARが採用。
デザイン缶にCOCOAR2アプリをかざすと特急電車のフォトフレームが表示され、写真撮影をすることが出来る。ファンに写真を撮ってSNSにアップしてもらうことで、満足度の向上や拡散を狙う。 。

case02

かっぱえびせん チーズグラタン味

カルビー様

かっぱえびせん チーズグラタン味

期間限定商品「かっぱえびせん チーズグラタン味」のパッケージにARを活用。
パッケージの表をARかざすと、ハロウィン仕様のフォトフレームが表示フタ裏に仮装できるイラストがついており、ARをかざしたら表示されるフォトフレームでハロウィンの写真が撮れるという企画。

case03

じゃがりこ トリプルチーズ味

カルビー様

じゃがりこ

期間限定商品「じゃがりこ トリプルチーズ味」のパッケージにARを活用。
フタ裏に仮装できるイラストがついており、ARをかざしたら表示されるフォトフレームでハロウィンの写真が撮れるという企画。

case04

ハッピーターン×柿の種

亀田製菓様

ハッピーターン×柿の種

「亀田の柿の種」「ハッピーターン」から受験生応援商品を発売し、各パッケージにARを活用。
応援メッセージ付きの個包装デザインと、スマートフォンアプリを使ったスペシャル企画として打ち出している。 「100g 合格するぞ!亀田の勝ちの種」「120g 合格するぞ!ハッピーターン」「96g 合格するぞ!ハッピーターン しょうゆマヨ味」 いずれかの商品のパッケージをスキャンするとパッケージに応じて3パターンのフォトフレームが表示され、写真と撮ることが出来、 更に3商品のうちいずれか2商品を合わせて撮影すると、たねっち・ターン王子が受験生を応援する受験生応援ソング動画が流れるという企画。

case05

グリコ様 白猫×黒猫×グリコ コラボ記念

太成二葉産業様

白猫×黒猫×グリコ コラボ記念

2017年3月14日~江崎グリコ様より発売の、【白猫×黒猫×グリコ コラボ記念「アーモンドピーク 特別仕様パッケージ」 】にて、「COCOAR2」が活用。
アーモンドピークまたはアーモンドピーク(クリスピーク)の商品に「白猫プロジェクト」と「黒猫のウィズ」のARコレクションカード(全45種)いずれか1枚が同封されており、 ARコレクションカードにCOCOAR2をかざすと各キャラクターが飛び出し、その日の運勢を占ってくれる企画。

case06

グリコ様 「グリコ ポッキー」×「キリン 午後の紅茶」

太成二葉産業様

「グリコ ポッキー」×「キリン 午後の紅茶」

「グリコ ポッキー」×「キリン 午後の紅茶」のコラボレーション第2弾にCOCOARが活用。
「午後の紅茶 恋のティーグルト」と「ポッキーミディ 恋のレモン」を交互に飲むと、レアチーズケーキのような味わいになるという企画にプラスして、ARが面白さを生み出している。

ポッキーと午後の紅茶、それぞれのパッケージに描かれたイラストを合わせてCOCOARアプリをかざすと、有名声優を採用した12種類の物語を動画で見ることができる仕組みになっており、組み合わせ方によって物語が変化する。
FacebookとTwitterで告知し、ユーザーがハッシュタグ「#恋のティーグルト」で拡散していくPRをしていた。
また、有名なYouTuberにも「試してみた!」の動画内で、COCOAR2が取り上げられた。

case07

「明色スキンコンディショナー<冷やし限定デザイン>

明色化粧品様

明色化粧品の商品「明色スキンコンディショナー」

明色化粧品の商品「明色スキンコンディショナー」にてARを採用。
対象商品を購入後、冷蔵庫で冷やすと商品に絵柄が浮かび上がってくる仕組みになっており、絵柄の浮き出た対象商品をCOCOAR2アプリでスキャンすると、プロモーション用の動画と応募フォームへのリンクが表示される。
抽選で20名に10,000円分のオリジナルデザインQUOカードが当たり、はずれても430名にオリジナルデザインマスキングテープのプレゼントがもらえるという企画

case08

「しまじろう ソフトぼうろ」

ベネッセコーポレーション様✕大阪前田製菓様

「しまじろう ソフトぼうろ」

大阪前田製菓より販売している「しまじろう ソフトぼうろ」の販促キャンペーン企画「しまじろうと写真を撮ってキャンペーンに応募しよう!(~2018年6月30日)」でARを利用。
パッケージのしまじろうイラストをCOCOAR2アプリで読み込むと、こどもちゃれんじ30周年オリジナルフォトフレームが表示され、しまじろうたちと一緒に写真を撮ることができる。
併せて、キャンペーンサイトから簡単なアンケートに答えると、抽選で30名様におかしセットをプレゼントする企画も実施。

case07

グリコ様 アーモンドピーク×白猫プロジェクト

太成二葉産業様

アーモンドピーク×白猫プロジェクト

江崎グリコの「リコとグリ」が人気ゲームの「魔法使いと黒猫のウィズ」と「白猫プロジェクト」がコラボレーション。
対象商品購入するとレクションカードが封入されており、そのカードにCOCOARをかざすとオリジナルムービーが流れるというもの。

case08

グリコ様 アーモンドピーク×初音ミク

太成二葉産業様

アーモンドピーク×初音ミク

アーモンドピークが初音ミクとコラボレーションした企画。
アーモンドピークを購入すると、「夏の音ARカード」が封入されており、ARカードをかざすとカードに描かれている初音ミクはじめ7つのキャラクターがそのまま歌いだしてくれるような映像が流れる。

case09

うまい棒

まちカドTV様

うまい棒

うまい棒のパッケージでARを活用。
商品パッケージに描かれている「うまえもん」にCOCOAR2をかざすと、うまい棒の公式テーマソングを聴くことができる。
一度聴いたら忘れられないリズムで、キャラクターたちが歌って踊り出す。
アニメーション映像の配信場所を、Youtubeや自社サイト以外にも増やすためにARを活用している。

case10

関東・栃木レモン

栃木乳業様

関東・栃木レモン

​栃木県民のソウルドリンク 通称「レモン牛乳」のパッケージでARを活用。
動画には栃木市のマスコットキャラクター「とち介」も出演し、レモン牛乳の生産風景や職員からのメッセージを聴くことができる。

case11

世界地図

アテナシステム様

世界地図

「国家が聞こえる世界地図」にてARを活用。
地図に描かれている国旗にCOCOARをかざすと、国旗の国の国家を聞くことができる。
電子ブックともリンクしており、各国の基本情報や国旗の由来、国歌の楽譜など情報も盛りだくさんで、一枚で2度楽しい世界地図となっている。
スマホと連動させ、学習意欲を高めるための企画として活用している。

case12

ぴたスマ

JVCKENWOOD様

ぴたスマ

イヤホンのパッケージにてARを活用。
アーティストとコラボしており、パッケージについている帯にARをかざすと動画が閲覧できる。
店頭でスキャンした際と、購入後に帯を広げてからスキャンした際で、見れる動画が違う仕組みにしている。
一つだけでも動画を見れるが、4つ並べてスキャンすると、さらにスペシャル動画を見ることができる。
ひとりで4つ集めたり、アーティストのファン4人で集まって見たりできるよう、工夫を凝らしている。

case13

ねぎ味噌納豆

内藤食品工業様

ねぎ味噌納豆

北海道の室蘭名物『ねぎ味噌納豆』と、ご当地バーチャルアイドル『北乃カムイ』のコラボレーションが実現。
COCOARでパッケージを読み込むと、北乃カムイと納豆のコラボレーション動画が楽しめる。
「北海道を元気にする(=北海道経済活性化)」をコンセプトにしたご当地バーチャルアイドル『北乃カムイ』は、インターネットの世界では高い知名度を誇っている。

case14

小岩井生乳100%ヨーグルト

小岩井乳業様

小岩井生乳100%ヨーグルト

10月22日に全国の折り込みチラシに、小岩井ヨーグルトとJAがコラボしたキャンペーンを打ち、そこでココアルを使ってレシピ等をAR動画で配信。
合わせて全国のスーパーのPOPも作成した。
今後ヨーグルトのパッケージにもココアルを印刷予定。

case15

heidi. Album「邂逅」

リンクイット様

heidi.のジャケット

ヴィジュアル系バンド「heidi.(ハイジ)」が2016年12月28日にリリースしたアルバム「邂逅」のジャケットにARを採用。
COCOARでジャケットを読み込むと、メンバーのメッセージ動画が楽しめる。 年末年始を挟んだにもかかわらず、発売後約1週間でCOCOARの人気コンテンツ1位に。

case16

notall 「CD売るの辞めました。」

ワロップ放送局様

notall(ノタル) 「CD売るの辞めました。」

ソーシャルアイドルユニットnotallのPR施策としてARを採用。
CDジャケットにARをかざすとキャンペーンの説明動画を見ることができ、PV内に隠しマーカーにてARが設定されている。アナウンスに従いnotallをLINEで友だち追加すると、抽選でTシャツが当たるというキャンペーン企画。

case17

ulma sound junction様 ジャケット

オルガエンターテインメント様

ulma sound junctionのジャケット

ファンへの満足度アップのためにCOCOARを採用。
COCOARでジャケットを読み込むと、メンバーのメッセージ動画が楽しめる。

case18

マグァンプK中粒

ハイポネックスジャパン様

マグァンプK中粒

マグァンプK中粒という肥料の商品にARを採用。
「マグァンプK中粒」のパッケージにCOCOAR2アプリをかざすと、フォトフレームが表示される仕組み。フォトフレームは、マグァンプKという商品のキャラクター「マグァンプ君」と一緒に写真撮影が出来るようになっており、InstagramやTwitterで投稿を促している。

case19

コーヒーカレー・ミルクカレー

オリオン製菓様×日本紙工様

コーヒーカレー・ミルクカレー

「コーヒーカレー」「ミルクカレー」( 「お菓子屋さんの牛乳パック」とコラボしたレトルトカレー)の商品パッケージにARが設定されている。
パッケージにCOCOAR2アプリをかざすとフォトフレームが表示され、写真撮影することが出来るというもの。若者層獲得に向けて起用された。

「デモ版お試し」申込み