ブランディングでの活用方法

AR×パッケージ・商品 CASE:ブランディング

ARならこだわりの演出で
商品のブランドコンセプトを伝えられる

ARなら商品パッケージの説明書きだけでは伝えることのできない「商品にまつわるストーリー」や「生産者の声」を届けることができます。生産者の顔が見える商品の提供により、消費者に安心感を与え、ロイヤリティの向上が期待できます。
ブランディングに必要な要素は、機能的価値・感情的価値・自己表現的価値の3つだと言われております。
ARでは特に、感情的価値(ブランドコンセプト・キャラクター・ストーリー・デザイン)をユーザーへ伝えることが出来ます。

  • 野菜のパッケージから生産者からのメッセージ動画を配信
  • お土産の包装紙から観光PR動画を配信
ブランディング

活用事例

はせがわ農園
海野印刷様

はせがわ農園

埼玉県のはせがわ農園にてARを活用。 梨を箱で送る際に同封している紹介状にCOCOARをかざすと、はせがわ農園の社長からのメッセージを聴くことができ、どんな思いで梨を生産しているかを伝えている。 梨を購入いただいたお客様にリピーターになっていただくための施策としてARを採用した。

大豆・枝豆の害虫駆除剤

大豆・枝豆の害虫駆除剤

害虫駆除剤メーカーの商品チラシにてARを活用。
チラシをスキャンすると、農薬を使ってくれた実際のお客様の声を聞くことができる。
販売している農薬の性能を、より詳しく新規のお客様にご提案したかったという思いから、文章だけでなく動画でも聞けるよう掲載している。
農薬メーカーの営業さんは、実際に商談の場でも活用している。

ジーマミ豆腐
近代美術様

ジーマミ豆腐

ジーマミ(落花生)豆腐の紙包装にARを活用。
包装紙の上部をCOCOARで読み込むと、ジーマミ豆腐の紹介動画が見られ、AR上のリンクからホームページにも誘導している。
社長や従業員のジーマミ豆腐にかける熱い思いや、製造工程、「トミちゃん」の名前の由来などが分かり、ジーマミ豆腐の魅力が伝わってくる。
消費者も食の安全性を追求する時代になってきため、製造工程などをPRする内容で作成した。
パッケージのリニューアルと新しいPR方法の話題で、琉球新聞と沖縄タイムスの2誌にも掲載。

関東・栃木レモン
栃木乳業様

関東・栃木レモン

栃木県民のソウルドリンク 通称「レモン牛乳」のパッケージでARを活用。
動画には栃木市のマスコットキャラクター「とち介」も出演し、レモン牛乳の生産風景や職員からのメッセージを聴くことができる。

Everio R スタイルブック
JVCケンウッド・デザイン様

Everio R スタイルブック

JVCケンウッド様が発売しているビデオカメラ『EverioR』のスタイルブックにてARを活用。
マーカーにアプリをかざすと、実際にEverioRで撮影した、朝日のタイムラプス映像や海中の美しい動画を見ることができる。
ユーザーへの活用シーンのイメージ付けと、「ビデオカメラ×アウトドア」のブランディングのために採用された。

【会員向けチラシ】唐津 雪うさぎ
やまや様

【会員向けチラシ】唐津 雪うさぎ

山や通販の会員向けの折込チラシでARを活用。
会員向けに毎月送っている会報誌と一緒にイチゴのあまおうと白イチゴの生産者の声が出てくる仕組み。生産者の声で無農薬で安心してほしいという目的で活用。

AR×パッケージ・商品での活用方法をもっと見てみる

食品・飲み物・お菓子

食品・飲み物・お菓子

日用品・CDなどの商品

日用品・CDなどの商品

ガイド

ガイド

ARでプロモーションに感動と成果を
ARプロモーションツール

  1. TOP
  2. 製品
  3. COCOAR(ココアル)
  4. 活用シーン
  5. AR×パッケージ・商品
  6. ブランディング