%{FACEBOOKSCRIPT}%
AR×チャットボットで若い世代の集客に成功!ARによって、企画の幅が格段に広がりました/ホテルニューオータニ様

AR×チャットボットで若い世代の集客に成功!ARによって、企画の幅が格段に広がりました/ホテルニューオータニ様

クラウドサーカス株式会社が提供するARツール「COCOAR」とチャットボット「IZANAI」を導入されているお客様の事例をご紹介します。
今回は、ホテルニューオータニ様に取材をさせていただきました。


会社紹介

ホテルニューオータニは、東京都千代田区にあるラグジュアリーホテルです。1964年に開業して以来、多くの国際会議や歴史的な晩餐会、各界著名人の披露宴の舞台に選ばれ、国内外の賓客の方々をお迎えしています。

コンセプトの異なる3つのホテル棟「エグゼクティブハウス 禅」「ザ・メイン」「ニューオータニ・ガーデンタワー」をはじめ、あらゆる食が揃う36ヶ所のレストランや、ファッションから美術品まで50を超えるショッピングアーケード、400年の歴史を持つ美しい日本庭園などを備えており、東京の中心にいながら、都会にいることを忘れるようなスケール感あふれる滞在が叶います。

2020年には一流のホスピタリティを格付けする世界有数のトラベルガイド「フォーブス・トラベルガイド」にて、「エグゼクティブハウス 禅」と「ザ・メイン」が合わせて9つ星を受賞。長年の伝統と進化が築き上げたおもてなしで、心を温まるくつろぎをご提供しています。

COCOAR・IZANAI導入後の変化や今後の展望についてホテルニューオータニの菅野様にお話を伺いました。

ホテルニューオータニ様

他と差別化を図るためにARツール「COCOAR」を導入

―ホテルニューオータニは2020年から謎解き宿泊プランシリーズを販売し、シーズンごとにテーマや内容を変えて実施されています。


菅野様:もともと謎解き宿泊プラン自体はコロナ前からあり、実際の宝物を置く形のものを夏のシーズンイベントで行っていました。その後コロナ禍に入り、部署を横断した新規事業プロジェクトが2020年12月に立ち上がり、プロジェクトの一環として新たに謎解きチームが発足し、現在に至っています。そのチームリーダーを私が担当しています。

 

―2022年9月16日(金)~12月18日(日)まで販売されたシリーズ第7弾『新謎解き宿泊プラン ~ホテルに住まうおしゃべり好きな小さな守り人たち~』では、ホテル史上初となるARアプリ「COCOAR」とチャットツール「IZANAI」を組み合わせた全く新しい謎解き体験を提供されています。本企画にCOCOARとIZANAIを導入することになった経緯について教えてください。

 

菅野様:第7弾の企画を造成するにあたり、他とは一線を画すプランを実施したいと考えていました。ですが条件をクリアするものがなかなか見つからず…。新しい仕組み作りを求められていたため、どのように実現するのかが課題でした。

 

コロナ禍ということもあり、非接触で楽しめる、たとえばスマホだけで完結するような企画をなにかできないかと考えていたところ、すでにコラボレーションプランで導入しているCOCOARであれば、非接触かつスマホで体験できることに気付きました。そこでコラボレーションプランのCOCOAR担当に連絡を取り、御社につなげてもらいました。

 

―ホテルニューオータニではブランドやアニメキャラクターのオリジナルコラボルームを楽しめるコラボレーションプランにて、キャラクターのオリジナルボイスや動画を再生するためのツールとしてCOCOARを導入いただいています。

 

菅野様:ARでキャラクターのボイスが聴けたり、画面にキャラクターが出現するのは遊び心があり、新しい楽しみ方になると感じていました。なのでCOCOARのことはすでに知っていましたし、私が過去に手掛けたコラボレーションプランでも採用させていただきました。

\ 3分でわかる!/
「COCOAR(ココアル)」とは?
概要資料はこちら >


―ありがとうございます。そこで今回の謎解きプランにCOCOARを導入しようという流れになったんですね。IZANAIの導入はどのようにして決まったのでしょうか?

 

菅野様:IZANAIは御社のご提案を受けて導入しました。以前からいろいろな謎解き制作会社にアプローチしていた中で、「COCOARとIZANAIを組み合わせれば謎解きができる」という話を伺っていました。そのご意見をもとに改めて御社にヒアリングを行い、IZANAIの導入が決まりました。

チャットボットを活用し、会話しているようなストーリー展開を追求



―COCOAR・IZANAIをどのようにご活用されたのでしょうか?AR企画についてのご紹介をお願いいたします。

 
菅野様:IZANAIでのキャラクターとの会話を中心に、謎解きのストーリーが展開していきます。会話に従って館内に設置された各ストーリーのポイントへ行き、ARマーカーになっている画像にCOCOARをかざすと、オリジナルキャラクターがARで出現します。COCOARから再びIZANAIに遷移し、オリジナルキャラクターから謎解きのヒントをもらったり、逆に謎を解く邪魔をされたりします。

お客様にはただ謎を解くだけでなく、キャラクターとのリアル感あるやりとりを通して、臨場感あふれる謎解き体験をお楽しみいただきました。

 

―企画を制作する上で苦労した点について教えてください。

 

菅野様:内容面では登場人物のひとりである、「姉」のキャラクター設定です。いかに姉と会話しているように見せられるかどうか、何度もIZANAIで編集しました。IZANAIの操作は私がもともとゲームを制作する専門学校を卒業していたこともあり、ストーリーを作成する工程自体は面白く感じていたので、楽しく作成できました。


あとは謎解きの難易度です。今回はメモなどを使わずに画面を見ながら解いてもらうため、難易度がこれで適正なのかどうか悩みました。今も模索中です。

 

企画の全体的なところだと、この内容でお客様が楽しんでいただき、より多くの方に拡散していただけるかという点です。かなり未知数なところがあったので、いろいろな謎解きイベントに参加し、どんなお客様がいらっしゃるのか研究しました。

また、単発の謎解きのイベントと比べてどうしても高額になるので、果たして需要があるのかという不安がありました。もちろん謎解きをしていただきたい気持ちもありましたが、何よりホテルニューオータニにお越しいただいた事のないお客様に来ていただき、謎解きをしながらホテルニューオータニの魅力を知っていただきたいという思いがあり、プラン化しました。

\ AR×チャットボット活用!/
「IP/キャラクターを活用した"おもしろい"企画立案のノウハウ」とは?
お役立ち資料はこちら >

アプローチできていなかった新たな集客に成功、SNSでの反応も上々



―AR企画を実施した成果やご感想をお聞かせください。

 

菅野様多くの若い世代の方に来ていただけるようになりました。我々の顧客層に加え、宿泊だと料金が高いということもあり、なかなか集客につながる企画ができていなかったので良かったです。

 
また謎解き宿泊プラン、コラボレーションプランともに企画の見せ方の幅が格段に広がりました。たとえば一般的なコラボレーションプランの場合、客室内をキャラクターで装飾し、お持ち帰り用のグッズをご用意する企画が多いです。その中でキャラクターと一緒に写真撮影ができたり、ボイスを聴けるのは非常に楽しく新しいですし、今までに見ない形かと思います。ARによって見せ方のバリエーションが増えたため、今後はAR企画の魅力をよりアピールしていきたいなと思います。

 

―謎解き宿泊プランを体験されたお客様からの反応はいかがでしたか?

 

菅野様:謎解きの内容については、「難しかった」「簡単すぎた」と賛否両論でした。AR企画に関しても概ね良好でした。企画の実施にあたり、御社のディレクターに何度も現場でARテストをしていただいたこともあり、特にトラブルもなくスムーズに進行できました。

 

IZANAIに関しても、登場人物たちが本当に喋っているような演出ができたので評判は良かったです。動作反応が早いため、ストレスなくお客様にご利用いただけたと思います。

 

―弊社の担当ディレクターはいかがでしょうか?ご感想をお聞かせください。

 

菅野様:ディレクターさんには非常にお世話になりました。私のさまざまな要望に対し、常に笑顔で受け入れていただきました。どんなときも決してNOと言わず、まずは受け止めて考えていただける姿勢に感謝するとともに、自分も見習いたいと思いました。

 

ディレクターさんの提案がなければ今回の企画は成立しませんでしたし、実際コラボレーションプランも含めてかなり若い層のお客様にご利用いただきました。SNSでも「コラボ企画がなければニューオータニに来なかった、来て見たらすごくいいホテルだった」というご感想をいただいており、ディクレターさんをはじめとした御社のお力がなければなし得なかったと思います。

COCOARをさらに活用し、より満足度の高い企画をご提供したい

―今後のCOCOAR・IZANAIに期待することはありますか?

 

菅野様:強いて言うならCOCOARは動画と音声データを入れられる容量を増やしてほしいです。そのぶんダウンロードの負荷はかかると思いますが、現状だと表示するグラフィックを含めて制限が厳しいなと感じました。容量制限が緩和されればできることもまた増えるのかなと。あとはARマーカーの認識度をもう少し向上してほしいですね。

IZANAIは編集機能を直感的に使えるようにしてほしいです。Wordからテキストを一括で取り込む機能や、逆にIZANAIで編集した内容をWordに一括でダウンロードできる機能があると、テキストの監修がしやすいと思います。

 

―今後の展望について教えてください。

 

菅野様:ARとキャラクターの親和性は高いと思っているので、引き続きコラボレーションプランで活用したいと考えています。たとえばCOCOARでキャラクターの録り下ろしボイスを聴けるようにしたり、IZANAIでキャラクターとの会話を楽しめる企画ですね。版権元の監修を受ける必要があるため、企画の実現は未知数ですが、ARをうまく利用することでより満足度の高い企画をご提供できると思います。

ARだけでなく技術は日々進化しており、我々も日々情報のアップデートに努めなければすぐに取り残される時代です。ホテルニューオータニの伝統と歴史を守りながらも、常に新しいことに挑戦し続けるホテルを目指していきたいです。


―ありがとうございました!

AR活用事例集

AR事例集

まずはここから!
ARとは?何ができる?具体的な活用方法・事例をまとめました。体験できるサンプル付き!




ARでプロモーションに感動と成果を
ARプロモーションツール

  1. TOP
  2. 製品
  3. COCOAR(ココアル)
  4. media
  5. 活用事例
  6. AR×チャットボットで若い世代の集客に成功!ARによって、企画の幅が格段に広がりました/ホテルニューオータニ様