来店促進・エリア回遊での活用方法

AR×商業施設・小売店舗・飲食店 CASE:来店促進施策・エリア回遊施策

ARスタンプラリー・謎解きの楽しいイベントなら、自然に店舗内や店舗間の来店や複数来店を促せる

チェーン店や商業施設、複数コーナーある店舗など、特定のエリアをお客様に回遊してもらいたい場合はスタンプラリー企画がおすすめです。ARなら台紙やスタンプ不要でお客様も手軽に参加可能、なによりただスタンプを貯めるだけでなく、ARコンテンツを体験しながらスタンプを貯めていくためより、より楽しいイベントに。また、地域やマーカーによって異なるARコンテンツを配信することで、宝探しや謎解きイベントとしてより楽しみながらお店を回遊してもらえる企画が可能です。

企画の例

  1. ①商業施設のクリスマスイベントにて、施設内のクリスマスツリーや装飾にそれぞれ異なるARフォトフレームを設定。同時にスタンプラリー機能も設定することで、ユーザーがARフォトフレームを体験すると同時に、スタンプがたまるARスタンプラリー企画に。
  2. ②ユーザーが施設内のすべてのARを体験し、スタンプを貯めたら、当日使えるクーポンをプレゼント
来店促進施策・エリア回遊施策
商業施設のイベントでAR活用
チェーン店の回遊施策にAR活用
ショップ・飲食店のイベントにAR活用

活用事例

ハロウィンイベント企画×ハローキティARスタンプラリー
イトーヨーカ堂様×スコープ様

ハロウィンイベント企画×ハローキティARスタンプラリー

イトーヨーカドー・専門店街にて、ハロウィン企画「ハローキティARスタンプラリー」(開催期間:2019年10月1日~10月31日)が開催された。
10月1日~15日は第一弾企画、16日~31日は第二弾企画のイベントを実施。
【第一弾】は、ハロウィン仕様のキティちゃんオリジナルフォトフレームが出現し、写真撮影が楽しめるという企画で、【第二弾】はミニゲームに替わり、子どもから大人までが楽しめる限定ARコンテンツを体験できるという企画。
第一弾・第二弾ともにARスタンプを貯めることができ、コンプリートすると「ハローキティ オリジナル待受画像」が全員にあたるというもので多くのユーザーがARを体験した。
①なるべく人の手を要さない企画を実施したい ②店舗内を周遊させたい ③地域のお客様に楽しんでもらいたい ④今後、若い年代の方にも利用してもらいたいという思いからCOCOARを採用いただいた。

バレンタインイベント企画
松屋銀座様

バレンタインイベント企画

2018年に引き続き、松屋銀座がバレンタインイベント企画「バレンタイン2019 幸福のブタ失踪事件!?-ハッピーブタちゃんを探して-」にARを採用。
突然いなくなった「ハッピーブタちゃん」のキャラクターを、ユーザーとラッキーブタくんが一緒になって探し出すというコンセプト。
銀座店地下1階・1階・3階・5階のどこかに設置されている捜索ボードにCOCOAR2アプリをかざし、「幸福のブタの女の子 ハッピーブタちゃん」が出てくるボードを探す企画。見事ハッピーブタちゃんを探し出すと、ゴールへの場所のヒントが出現。
ヒントの場所に行き、ARアプリをかざすとオリジナルフォトフレームが出現し、写真撮影が出来る仕掛け。
また、同時に景品と引き換えができる画面が表示され、隣の受付でその画面を見せると、<コートクール>の東京ブラウニー(1本)が景品でもらえる。

EXPOCITY「恐竜スタンプラリー」イベント
EXPO観覧車合同会社様

EXPOCITY「恐竜スタンプラリー」イベント

大阪にある大型複合施設EXPOCITYにてAR企画を実施。
EXPOCITY内の映画館で「恐竜絶滅の日」・「リトルダイナ」の恐竜作品2本の上映記念に、ARを活用した「恐竜スタンプラリー」イベントを開催。
館内に隠された恐竜のパネル(画像)をみつけてスタンプを集めるゲームで、スタンプを全部集めて最後クイズに答えて正解すると、その場でゴンドラ乗車券の割引をはじめ、マルミエプラザショップの割引クーポン、ジェラート1個無料プレゼントまたは半額のどれかが当たるという企画。
周辺エリアにはEXPOCITYの他にも郊外商業施設があり、差別化を図りつつ地元住民のリピート率を上げるためにARを採用した。

グランツリー「TreasureHunt MysteryTour」
セブン&アイ・ホールディングス様

グランツリー「TreasureHunt MysteryTour」

グランツリー武蔵小杉でのゴールデンウィーク企画「TreasureHunt MysteryTour」にてARを採用。
お買上げ金額3,000円以上で、「謎解きの手引き書」(応募用紙)がもらえる。施設内にあるマーカーを探しながら、謎を解き明かし、正解にたどりついた方には楽しいお菓子の詰め合せをプレゼントする企画。
イベント企画の目的は客単価UP、店舗回遊UPにつなげること。

活用事例

A3!×ファミマプリント ARスタンプラリー
リベル・エンタテインメント様×サニーサイドアップ様

A3!×ファミマプリント ARスタンプラリー

スマートフォン向けイケメン役者育成ゲーム「A3!(エースリー)」と「ファミリーマート」のコラボ企画にてARが採用。
(1)ARアプリで、各店内のマルチコピー機上に掲示されているA3!のポスターを読み取ると、曜日ごとに異なる劇団メンバーが出現し、一緒に写真撮影ができる。
(2)同時に、スタンプが1個ずつ貯まっていくARスタンプラリー企画。
6人いる劇団員メンバーのスタンプを全部集めると、景品で「スマートフォン用限定壁紙」と「ファミマプリント購入権」がもらえる。(スタンプは春組・夏組・秋組・冬組の4種×メンバー6人分)。
6人分のスタンプを貯めるには最低5日分店舗に来店する必要があり、店舗によってもらえる組のブロマイドが異なる。
また、マルチコピー機からランダムブロマイドの販売や、お菓子を3つ購入するとスライダーポーチ1個がもらえるキャンペーンも同時に実施し、大きな反響を呼んだ。

活用事例

ふなっしーLAND船橋本店
ふなっしーLAND船橋本店様×日本テレビサービス様

ふなっしーLAND船橋本店

ふなっしーLAND 船橋本店にてARが採用。
店内各所のポスターでARを告知しており、また、店内に隠れている「隠れふなっしー」(3箇所)を見つけるためのヒントが記載されている。ARマーカ―を見つけてCOCOAR2アプリをかざすと船橋本店限定のふなっしーオリジナル映像が見視聴できる(GPS機能で来店しないと見れない仕組み)。
宝探し感覚で、子供から大人までお楽しんでお店を巡回してもらえる企画となっているとのこと。
店内には神社があり、ARおみくじも実施。店内のとあるマーカーにかざすとふなっしーが運勢を占ってくれるという企画(GPS機能)。
また、毎日新聞の広告記事を7月4日に出稿しARを告知したところ3,000件以上がかざされるという高い数値に至った。

天下統一恋の乱 Love Ballad 華の章 in AREA-Q(東京・原宿)
ボルテージ様×ソニー・ミュージックエンタテインメント様

天下統一恋の乱 Love Ballad 華の章 in AREA-Q(東京・原宿)

人気恋愛ドラマアプリ「天下統一恋の乱 Love Ballad」初のコラボカフェ『天下統一恋の乱 Love Ballad 華の宴』にてCOCOARを活用。
テーブルの上のPOPのヒントをもとに、店内に隠されているARマーカーを探し出し、COCOAR2をかざすと、殿が目の前に現れ、まるで殿といっしょにお茶を楽しんでいるような気分を体験できる。なお、隠れマーカーは期間によって変更されるため、合計で3種類のARムービーが楽しめる企画。
またARスタンプラリーと連携しており、3種類すべてのムービーを閲覧しスタンプを集めると、カフェのキービジュアルミニポスター(非売品)が先着順にプレゼントされる。

AR×商業施設・小売店舗・飲食店での活用方法をもっと見てみる

イベント・キャンペーン・フェア

イベント・キャンペーン・フェア

販促物

販促物

ショップカード、ポイントカード

ショップカード
ポイントカード

テーブル・メニュー・名入れプレート

テーブル・メニュー
・名入れプレート

ARでプロモーションに感動と成果を
ARプロモーションツール

  1. TOP
  2. 製品
  3. COCOAR(ココアル)
  4. 活用シーン
  5. AR×商業施設・小売店舗・飲食店
  6. 商業施設・小売店舗・飲食店の来店促進施策・エリア回遊施策