COCOARの強み | COCOARとは | AR(拡張現実)コンテンツが誰でも簡単に作り放題!「COCOAR (ココアル)」

COCOARとはAbout COCOAR

COCOAR(ココアル)の強み

ここではCOCOAR(ココアル)のサービスの強みを説明いたします。

  cocoar これまでのARサービス
コストパフォーマンス 契約容量内なら
ARコンテンツを作り放題
ARコンテンツを作成するほどお得!
専用アプリの制作費と
コンテンツ更新費用が
かかるため高コストになりやすい
コンテンツの登録 制作画面からクラウド上に
コンテンツをアップするだけ
アプリ制作会社への依頼や
アプリの更新が必要
マーカー画像 印刷済みの媒体でも
後からマーカー画像として登録可能
画像の登録、
もしくはマーカーの発行
コンテンツの更新 制作画面からコンテンツの更新が可能
クラウドなので即時切替!
直感でわかりやすいログデータで
簡単に効果測定がしやすい
効果測定
(ログ解析)
直感でわかりやすいログデータで
簡単に効果測定がしやすい
ログデータなし
もしくは生ログに近いデータなので
効果測定がしにくい

高いコストパフォーマンス容量内なら作り放題!

これまでのARサービスは、専用のアプリケーションに対してARコンテンツを内包するのが通常でした。
そのため、アプリケーションを制作すると100万円以上にコストが膨らむことが多く、一部の企業しか行えない販促プロモーションとなってしまっているのが現状でした。
そこで当社はクラウド上にARコンテンツをアップロードし、相乗り型のアプリと通信させて都度コンテンツを呼び出すという方式をとっています。
更にARコンテンツは作りたい放題(最大10GBまで)であるため、低コストで、様々な企画の展開が可能になります。

マーカー画像 ARO 動画 リンク 音楽 WEBサイト テキスト情報 画像 電子ブック COCOAR(ココアル)サーバー ARコンテンツ マーカー + AR オブジェクト マーカーとなる画像とARオブジェクト(ARO)となる動画等をスターティアラボのCOCOARサーバーに登録して紐づけることでサービス展開できる非常にシンプルな構成。

コンテンツ登録はツールからクラウドにアップするだけ登録が簡単!

COCOAR(ココアル)では、お客様に様々な業種、業態でご利用いただくために、簡単に作成ができるというコンセプトのもとに画面設計が行なわれている
ブラウザをベースとしたARコンテンツ作成ツールをセットして販売しております。

ARコンテンツの制作は、わずか3ステップ!

  • STEP 01

    ARマーカーとなるロゴや写真等の画像を用意して選択する

  • STEP 02 動画 画像 リンク テキスト

    ARマーカーにをスキャンした際、アプリケーション上に表示するコンテンツ素材 (動画/音声/画像/WEBサイトリンク/テキスト情報 等)を用意して選択する

  • STEP 03 登録する

    公開期間を決めて「登録」ボタンをクリック!
    これで登録が完了です。

印刷済みの媒体でもマーカー画像として登録可能なんでもマーカー

画像をご準備するだけでARマーカーに早変わりします。
例えばカタログやパンフレットなどの商品画像や、広告用のポスター画像など、COCOAR(ココアル)に登録してしまえば、ARマーカーとして再利用だって可能です。
従来のQRコードでは印刷物への印字が必要でしたが、COCOAR(ココアル)のARマーカーは画像を使用するため、既に印刷済の媒体でもARマーカーとしての設定が可能です。
告知を話題のSNSなどで行うことで、クチコミの波及を狙うことも考えられます。

  • 画像を登録するだけで、なんでもARマーカーとして利用が可能です。
  • 既にある画像を再利用することで工数削減にもつながります すでにある印刷物もマーカーとして簡単に登録可能です。

管理ツールからかんたん切替コンテンツの変更にコストは不要!即時切替えが可能!

これまでのARコンテンツはアプリに内包されていましたので、コンテンツの情報が古くなった際は改めてアプリを申請する必要がありました。
もちろん、プログラムの改変も行う必要がありましたので変更コストもかかってしまいます。
しかしCOCOAR(ココアル)なら、クラウド上の管理画面からいつでもコンテンツを差し替えることが可能です。決められたマーカーに対して頻繁に更新が必要なコンテンツもCOCOAR(ココアル)ならコストをかけずに誰でも簡単にコンテンツ更新が可能になります。

クラウド型のARサービスだから、いつでもどこでもコンテンツの差し替えが簡単! 変えたいコンテンツを管理画面で登録するだけ。登録後、すぐに反映されるから安心!

ただの動画や画像だけじゃない3Dやトラッキング動画、クロマキー動画にも対応!

動画・画像・テキスト・Webリンクに加え、3Dやトラッキング動画、クロマキー動画にも対応。

COCOAR(ココアル)では、動画を単純に再生するだけではなく、アプリをかざす角度に合わせて、動画の見える角度や表示サイズも変化するトラッキング機能を活用し、 まるで紙面が動いているように見えるようなARを作成することができます。 (※COCOAR2のみの機能)

トラッキングは角度に合わせて表示やサイズを変えることが可能です。

 またCOCOAR(ココアル)は、クロマキー動画や3Dコンテンツを、ARのコンテンツとして登録することができます。
 (※いずれもCOCOAR2のみの機能)
 クロマキー動画をコンテンツとして設定すると、グリーンバックの部分が透過表示され、紙面に動画が合成されたようなARを作成することができます。 例えば、人やキャラクターがまるでその場にいて、動いているようなARを作成することもできます。
 COCOAR(ココアル)で3Dコンテンツを登録すると、紙面上に3Dコンテンツが存在しているかのように表現することができます。 ユーザーは表示されている3Dコンテンツを、画面上でタッチすることができますので、2Dコンテンツ(画像や動画)だけでは、伝えられない情報を伝えることができます。

クロマキーはグリーンバックの部分が透過され、実際にそこにいるかのように映ります。

>3Dコンテンツの撮影/制作、クロマキー動画の撮影ができるstudio Safari(スタジオ サファリ)はこちら!

トラッキング機能とは:
トラッキングとは、もともとは追跡、追尾という意味の英単語です。
COCOAR(ココアル)では、アプリをかざす角度に合わせて、動画の見える角度や表示サイズが変更になる機能のことを指しております。

クロマキー動画とは:
クロマキー動画とは、特定の色(グリーンバック)の成分から映像の一部を透明にし、別の映像を合成する技術のことです。 COCOAR(ココアル)では、グリーンバックで撮影された動画のグリーンバックの部分を透過させ、紙面上のマーカー画像動画を合成して表示させることができます。


効果測定もらくらくログ解析が可能

COCOAR(ココアル)はログのデータ取得が可能です。
登録したARが、ユーザーにどれだけ見られているのかが分かります。
期間指定で出力されるログの情報は、直感的なグラフ形式で閲覧することができます。

ログはARO別に、
・アクセス数
・年代別
・性別
・地域別
のデータが表示されます。

またアクセスログをCSVファイルでダウンロードすることもできるので、オリジナルのレポートを作成することもできます。

ログ解析が可能
※実際の画面レイアウトとは異なる場合がございます※

ログ解析が可能



AR関連レポート無料ダウンロード

COCOAR(ココアル)が1週間無料でデモ版をお試し頂けます