新聞・雑誌・書籍 | 活用方法 | AR(拡張現実)コンテンツが誰でも簡単に作り放題!「COCOAR (ココアル)」

活用方法 Activation method

新聞・雑誌・書籍×AR

ARは雑誌や書籍、新聞で活用することができます。
ARを活用することで、誌面だけでは伝えられない情報を映像で伝えたり、広告価値を向上させることができます。

【新聞】記事の補足情報にARを活用

新聞の記事の補足情報として、記事に関する動画をARで設定することができます。
写真と文章だけでは伝えられない現場の空気感を、新聞でも伝えることができるようになります。


実際の活用事例
case01

西多摩新聞

西多摩新聞社様

専門料理/cafesweets

自社で発行している「西多摩新聞」の記事写真にARを活用。
(2015年9月から毎号活用していただいている。)

イベント等の様子など、文章だけでは伝わりきらない躍動感を、動画で伝えている。
読者への認知度を高めていくために、毎号3~4箇所にCOCOARマーカーを設定している。
新聞の広告枠でもARを活用しており、広告の有料オプションとして広告主に提案している。
>西多摩新聞社さまのお客様の声はこちら

case02

東奥日報朝刊

東奥日報社様

ゼクシィ(長野 山梨)

青森の東奥日報社では、(ただ撮影した動画だけではなく、)「ぐるりフォト」と名付けた360度を見回すことが出来る動画を撮影し、ARとして新聞に載せている。
お客様の声やスポーツの激動を伝えることや、お祭りの写真と併せて、息をのんで見守る観客の表情、その時の天候などを見ることが出来る。
こうした取材動画を紙面と結び付けることで、紙面上での表現の幅が大きく広がり、より多くの情報を読者に届けることが出来ている。
読者アンケートでは、「ARを初めて見ました」や「普段はあまり見ることのなかった広告を楽しく見ることが出来た」など、多くの喜びの声をいただいている。

case03

東都よみうり

東都よみうり新聞社様

デザインノート

自社で発行している「東都よみうり」の記事写真にARを活用。記事中の画像にCOCOARをかざすことで現場のより細かな情報や取材現場の臨場感を伝えることが出来る。

「デモ版お試し」申込み